「Kindle」を約3年利用してきた感想を纏めてみた



こんにちは、うろんちゃんです。

この度ペンネームを変更しました…

まぁよく考えたら、育児ブログと同じってのもなんか、なので。

今後は多分変えないので、

これからはこの名前で生きていこうと思います(重い)

Kindleってホント素晴らしい!!!

突然ですが皆様、「Kindle」ってなんだか知っていますでしょうか?

Amazonの利用者なら聞いたことはあるかもわかりませんが、

Amazonで製造・販売している”電子書籍リーダー”の名称、

及びアプリの名称となります。

※利用はたくさんしていますが…あくまで素人理解としてご容赦下さい。。。

このサービスの凄いところは以下!

  • なんてったって無料(アプリ本体)
  • Amazon利用者なら買ってすぐ読める/使い勝手が最高
  • 無料本多数
  • セールで安い本も多数(紙本比で90%オフとか!)
  • iPhoneでもAndroidでも、MacでもWindowsでも使用出来る

結論、電子書籍を利用したいAmazonユーザーの最適解ってなぁことですよ!!!

私も2018年くらいから利用していますが、

まぁ本当に便利で、会社の休憩時間でもスマホ1つで読書三昧ですね。

数少ない欠点だと思うところは…

  • Amazon公式”アプリ”から購入ができない(公式サイトから購入)
  • 間違って購入しても、返品が利かない(即時返品なら可能)

公式アプリってこれのことです。

ここからの購入が出来ません。

私が知らないだけ?誰か教えて…www

うろんちゃんのKindle活用法

お得だよー便利だよーKindle万歳!!

と言われても、

じゃあアンタはどうやって使ってんのさ??

ってなるのが世の常よ!

ということで!私のKindle活用法はこんな感じ♪↓↓↓

活字の多い本は専用端末「Kindleシリーズ」で!

活字の多い本(ラノベ・一般文芸・経済系の本など)は専用端末「Kindle」で読んでいます。

Amazonの大型セールだと6,000円代とかで販売されます。チャンスを狙う方が良いです。

それにしても今のKindleは安いんですね。。。

私の購入した時はフロントライト搭載で10,000円近くした気がしますが。。。

このKindle、当たり前というかなんというか、

電子端末の運命宜しく、色々オプションやら付属アイテムやらの誘惑が

私たちユーザーを襲って参りますwww

何ですが!!が!!!

個人的な考えとしてはこんな感じ↓

  • 専用ケース:不要。安っすい保護ケースで必要十分。※出し入れが手間って人は適用外
  • 広告:”広告付き”をオススメします。

※以下は検索で出てきたもので、私の使用している「ELECOM ZERO SHOCK」の7インチは売り切れでした。。。

※家電屋とかであったら、ZERO SHOCKの方がいいと思う。

本業と育児が多忙で、ゆーて週1・数時間しか読書に割く時間なんてないからね。

アニメも見たいし。ブログも書きたいし。嫁にも時間を与えたいし。

そんな人なら、出し入れの手間くらいかけて安モンのケースで良いと考えます。

あとは”Kindle初期装備の広告”!

消すことも出来ますが、確か数千円くらいかかりました。。。

同じく「ワンスワイプの手間をかけたくない」って人なら”広告なし”ですが、

個人的にはワンスワイプの方がコスパ高いかなぁ。

広告のおかげで漫画の新刊を見逃さずに済んだ…ってこともあったし。

ハイ、↑でフライング登場しました!www

私の持っているKindleちゃんはコレです。

※注)2018年購入。上のリンクのものではありません。

黒色もありますが、個人的に白の方が好きだったので白を購入しました。

余計な装飾がなくシンプルなデザイン。好感が持てます。

重量なんと207g!!!

軽っるwww 今更だけど軽っっっる!!!www

手がちっちゃい(背もちっちゃい泣)とよく言われる私の手中にも簡単に収まります。

……世界は我が物やねんがな。

本項タイトルの通り、ラノベや経済の本、一般文芸、その他活字の多い本については、

殆ど私はKindleで購入しています。

但し!!!

Kindleの本を購入する際の注意点!!!

後述しますが、電子書籍を購入する一番のメリット(と思っている)は

”家のスペースが大きく確保できる”

ということだと考えておりますが、

「古い本は安くなければ購入しない方が良い」と、”私は”思っています。

約3年使用していて感じた話なのですが、

  • 需要もあり古い本…ブックオフ等、中古書店の方が安い ※新品に拘る人は除外
  • 需要に関わらず新刊…数円〜数十円、Kindleの方が安い

概してこういった傾向にあるように感じます。

使用して、売り場(AmazonのKindle販売サイト)を見ていけばわかることかと。

https://www.bookoff.co.jp/buy/

↑ブックオフさんなんでもあるなホント。。。

電子書籍は紙を必要としない上、複製(著作権保護下を前提)も容易な為、

古い本ほど、売り手にとっては”儲け話”になるのでは?と考えています。

…まぁ別に、欲しい本ならば購入しても気持ち的には損した感じはないし、

Amazonさんには普段からお世話になっているので、拘る必要はないかもですが…

「中古でも読めればOK」は私としては、古い本を定価前後の値段で買うならば、

ブックオフ or Amazonマケプレで送料込¥316

という選択肢を選びますかね〜

息子たち

ドケチだもんね!!

うろんちゃん

コラコラ、倹約家と言いなさい。。。(震え声)

漫画やレシピ本など、絵が多い本は「スマホ等」で!

「スマホ等」と一緒くたにしてしまいましたが、

以下の様に分けています。

  • 漫画…AmazonのKindle Fireタブレット or iPad Air2
  • レシピ…スマホ(iPhone XR)

漫画は単純に、大きい画面で読みたい為。

あと3項で記載した「Kindle」端末は”モノクロオンリー”なのです、ご注意を!!!(遅ぇよ。。。)

レシピ本は……まぁ私はあまり使用しません(笑)

リアル嫁が夕飯のレシピに困った時に、私が本業の昼休憩時にレシピ見て

「今晩はこれが食べたいわん♡」

と進言するためのツールとして、iPhoneに入れております。

どちらもKindle専用端末比、「カラーである」ことがポイントだとは思っています。

あとは…気にならない人は気にならないかもですが、、、

Kindle専用端末は「結構動作が遅いので」

いや、ページを繰る動作は紙本宜しく普通に早いのですが、

ダウンロードする際や、その他「読書に直接関わる動作」以外に関しては、

結構のっそりしている様に、私は感じていますね。。。

まぁ最新のiPhoneやKindle Fireタブレットと比べたら可哀想なのかもしれませんが。。。

率直な意見として。。。

どちらも読みやすいっちゃ読みやすいですが、

レシピに関しては、料理のために使う奥様方ならば

iPhoneよりもタブレットを使用した方が、見易くて楽かもしれませんね。

漫画に関しても同じく「大きい画面で読める」ってのは良い点の一つではありますが、

個人的には何よりも「漫画こそ紙本よりKindle」だと思っています。

  • 巻数の多い漫画は場所を取る→電子なら端末一台で完結
  • 人気作は中古でも値崩れしにくい→”手つきの紙”より、+数百円で ”手軽な電子”
  • Amazonのポイントがつく→結果的に定価より数円〜数十円安い
  • 新刊がすぐ手に入る・読める
  • 作品によっては、最初の1巻無料/数巻分限定で大幅ディスカウント

カフェや会社の休憩室で大手振って漫画を読むことに抵抗がある人

結構いると思いますよ??(偏見だけど、それが普通。)

でも!休みの時間くらい、好きにしたい!!

でもでも!!周りから「非常識」「ヲタク」って思われたくないっ!!!

そんな方、是非Kindleで電子漫画デビューして下さい。

気が付いたら買う予定のなかった良作に出会って

翌月のクレカ請求額に愕然とすること間違いなしwwwwww

結論。「Kindle (電子書籍)」ってどうなの?

恐らく「電子書籍ってなんか読み辛そう…」という方、結構いらっしゃると思います。

私もそうでした。

んで約3年、ほぼ電子オンリーで来ましたが、正直「読み辛くはない」です。

ただ、レシピや啓発本など、

前のページを読み返したいってことが多い本については、紙の本の方が良いと考えます。

Kindleにも栞機能やすぐに前のページに戻る機能など、便利機能は多々あるのですが…

…ほら、機械苦手な人にとって、

色々機能覚えるの、辛いじゃん?www(もちろん私がその一人)

覚えることに時間割くくらいなら、Kindleで余程ディスカウントされている本でない限りは、

労力面で結果的に「紙の本の方がコスパ良かった。。。」ということになるおそれはありますね。

結論。

読書を電子メインに切り替える最大のメリット。

うろんちゃん

家のスペースがめっちゃ確保できまっせ!

息子たち

でも僕たちの絵本や学習本は”紙の本”でお願いね、パピー!

うろんちゃん

Of course, I know.

電子だICTだスマートホームだ…

言われている昨今ではありますが、

正直、全てを電子にする必要はないと、個人的には思います。

だって、息子の図鑑やひらがな練習帳を電子で欲しいとは思わないし、

ブルーライトとかも気になりますからね。

※3項で取り上げた「Kindle専用端末」は、特殊な技術でブルーライト出ない?らしいですけど。

一方で、3年使用して改めて思うのは、

「Amazonユーザーならば”取り敢えず使ってみる”価値は十分にある」

サービスだということ。

便利だと思う方は継続して利用して、不便だと思う方は

いつでも利用を止められるので、ライフスタイルにあった選択を行えば良いと思います。

…私の実家の両親がこういうのダメな方だからねw

まぁ個人的には、使い勝手・コスパ・その多方面に於いて

素晴らしいサービス・技術だと思っていますので、

利用する方が増えたら、もっともっと

「書籍の価格も下がらないかなぁ」なんて思いましたwww

実は今回、本当は「2021年春のAmazon新生活セールで購入したKindle本 紹介」

を題材にする予定だったのですが。。。

内容を大幅に変更し、記事を書かせて頂きましたw

Kindle、並びに電子書籍未体験の方の、参考に少しでもなれば幸いです。

それではまたー



Please follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です